リンクお問い合わせ
HOME病院の理念・ごあいさつ診療内容院内設備人工透析センターアクセス院長コラム

H23.10.20 飛行機

 またまた久々の更新になってしまいました。

 先日の土曜日、診療が終わって学術講演会に出席するために東京に行ってきました。大分空港から東京行きの飛行機に乗りました。

天気はあまり良くない日でしたが、飛行機に乗って間もなく雲の上に出たとたんそこは一面まさに雲の絨毯を敷いたのようなはるかかなたが見渡せる素晴らしい光景が飛び込んできました。

普段ならあまり飛行機に乗っても窓の外なんか眺めないのですが、その素晴らしさからぼーっとしばらく外を見ていました。するとびっくり、反対方向に飛んでいく黒っぽい旅客機(旅客機と確認できる距離ということです)が同じ高度で真横をまっすぐに飛んでいったではないですか・・・!?

おそらく距離は相当離れていたものと思われますが。それから飛行機はなんのアナウンスもなく進路を右に右に旋回して飛んでるような感じがしたし、なんとも言えない気持ちでいたら今度は上の方を2台の白っぽいこれも旅客機(自衛隊機ではないと思うのですが)がなんと並走のように見える飛び方で、飛行機雲を出しながら通りすぎたではありませんか・・・!?こちらの方が近く見えました。

すかさず今度はアナウンスで「管制塔からの指示で高度を下げます。気流が悪いところを走行するため多少の揺れが考えられますが、安全性に問題ありません。」と。

それからはずっと早く、無事に到着してくれることを祈ってました。

その後は特にニュースになるわけでもなく、調べたところよくあることではないにしろ決してめずらしいことでもなさそうで。
もちろんパイロットは全てを把握した上で安全に我々を乗せてくれているのに間違いはありません。

これらの不安は患者さんが医師を信頼して治療を受けていることと似てますよね。

不安のない安心できる医療をもっともっと目指さなければダメですよね。

でも怖かったー!!


H23.2.25 サインの思い出

 気がつけば2月の終わりになろうとしているのに今年初めての更新になってしまいました。
 
 2月のはじめから2週間ほど別府にサッカーJリーグの名古屋グランパスがキャンプに来たのをご存知ですか?

昨年Jリーグで優勝したチームともあって監督はもちろん楢崎選手、闘莉王選手、玉田選手などそうそうたるJAPANメンバーでもある選手が来県し練習に汗を流したと思われます。

 そんなある日曜日に家族で練習見学に行ってきました。たまたま練習後に選手からサインをしてもらえる機会があり色紙にサインしていただきすごく感動、とてもうれしく思ったものでした。

みなさんもだれかのサインを貰ったことはないですか?

 私の有名人?から貰った(買った)生まれて初めてのサインはスペクトルマンです。オラウータン宇宙猿人のラーとその部下ゴリラ宇宙猿人のゴリ(二人合わせてゴリラですけど・・・)の地球侵略から地球を守る正義のヒーローです。

私が幼稚園、もしかして小学生低学年の時テレビで見ていたあこがれのヒーローです。トキハデパートかなんかの屋上でショーがあるというので父親に連れて行ってもらったんだと思います。
かっこいいショーを見た後その場で買ってもらったんだと思います。色紙にカタカナで「スペクトルマン」てサインが書いてあり白黒のスペクトルマンの写真が四隅の一角に張ってあったサイン色紙です。その後大事にして部屋に貼っていた記憶もあります。

今考えたら笑ってしまいます。だれが書いたサインでしょうか?なんのサインでしょうか?当時の金額は覚えていませんがそれなりの値段でしょうきっと。
今現在みたいにポスターになるような華やかなかっこいい写真とかでなく普通の色紙にサインです。私が今子供に買ってと言われても
他のグッズならまだしも私にとってはバカらしくて買ってあげないでしょう。

当時の時代背景もあるのかも知れません。
私の子供心を壊さないためだったのでしょうか。
そんな意味もないサインをお金を出して買ってくれた父親になんだか愛されていたんだなーって思いました。
そんなサインのいい思い出です。

私の父親は私が20歳の時に亡くなりました。
生きていたならなぜ買ってくれたのって聞けたのにと考えます。

私ぐらいの年齢の男性は父親とどんな話をしているのでしょうか?
私にはわかりませんが、今生きていたなら父親に近い患者さんとは
いつもしっかりとわかりやすく病気の話はできているのかなって思います。






H22.12.30 今年を振り返って

今年の外来診療も昨日で仕事納めでした。

今年1年も患者さんにとって当院の責務を遂行し、信頼される医療を提供できたのか自問しているところであります。
来年もさらに進化する医院を目指しスタッフ一同がんばりますのでよろしくお願い致します。

1年の締めくくりですから今年の自分を振り返ってみたいと思います。

今年の医院・・・今年は外来がすごく多くなりしばらくはパイプ椅子で対応していましたが待合椅子を増やしました。待ち時間が長くなった患者さんには申し訳ありませんでした。さらに福祉車両を1台追加し車イスでも簡単に乗り降りできるようにしました。

今年の体調・・・今年はなんといっても4月に虫垂炎にて入院、手術を受けました。大学の先生の連日の応援代診で休診にすることなく助かりました。先生たちに大変感謝するとともに患者さんの気持ちに近づけた入院生活でした。
今もスイミングは続けていますが、思うように通えない時は休日に2Km泳ぎためしています。そのあと体中痛いですが・・・。

今年の学問・・・今年は開業以来学会にできるだけ参加するようにしました。
東京や大阪での大きな総会にも参加しました。来年はもっと参加していきたいと思います。

今年1番高価な買い物・・・DELLのデスクトップのコンピュータ。
カスタムで最高スペックにしたらウン十万円してしまいました。でも最高です。

今年1番感動した本・・・永遠の0(ゼロ) 。分厚い本でしたが太平洋戦争の男の生きざまみたいな本で感動しあっという間に読んでしまいました。

今年1番の映画・・・やっぱりアバターかな。3Dと映像の美しさだけでも圧倒されました。

今年辛かったこと・・・上の娘が受験勉強であまり一緒に遊べなかったこと。それでも今年の初めにスキーに行けたし、夏は旅行できたからいいとしないと。中学に進学したらもっと相手にしてくれないかも?

以上今年を簡単に振り返りました。来年もいい年にしたいです。


H22.10.9 山下達郎

 先日、山下達郎のコンサートに行ってきました。

大ファンというわけではないのですが、私は大学生時代ウィンドサーフィンをしていたこともあり海で遊んでいた頃、彼の音楽は海、ドライブにまさにマッチしていました。住吉浜リゾートパークに行く60分の道のりの間、テンポのいい(この言い方は古いのかな?)曲をながし気分が盛り上がり、海で風を感じ、心地よい疲労感の後の夕暮れにバラードが流れてくると青春してるーって感じですごく充実した毎日を送っていたことが思い出されます。

今ももちろん充実した毎日ですが同時に目に見えない何かに追われている毎日でもあります。なかなか自分の時間が作れません。はるか昔にウィンドサーフィンは辞めています。音楽をゆっくり聞くこともなくなりました。

そんな時山下達郎のコンサートが大分で開催って情報を得て・・・。

行ってきました。

感想はというと、還暦前の山下達郎に昔を思い出させてもらい、またパワフルな演奏ときれいな歌声に感動させられマイクパフォーマンスに笑ってきました。これぞプロっていういう姿でした。

私もこれぞプロっていう姿を後輩医師たちに見せられるように日々頑張って、また時々は自分の時間をつくりたいなーって思います。


H22.4.7 入院、手術、退院しました。

 突然の報告ですが、私4月3日に緊急手術、入院し本日7日に退院しました。たくさんの関係各位の皆様にご迷惑をかけてしまい申し訳ございませんでした。また多くのご支援をいただき、感謝の気持ちで一杯であります。ありがとうございました。
 
 3日の朝、眠りから覚めると寒気、嘔気、上下腹部痛が出現し、この状態では本日の診療はできないと思い、すぐに当院もお世話になっているアルメイダ病院を受診させてもらいました。CTにて虫垂炎(盲腸炎)の診断でその3時間後には手術を受けました。

病気はほとんどしたことがなく、もちろん前日までは元気でいつもと変わりなく仕事してましたから大変。まず当日の当院の外来、入院患者さん、透析患者さん、嘱託医をしている施設の対応と段取りしなければならず手術前先生に猶予時間をいただき、大学医局長に連絡し応援医師を派遣していただけるようお願いし、しかも退院がいつできるのかもわからずそれまでの期間も応援してもらえることとなりまずは一安心。嘱託施設は近医の大嶋医院院長先生にお願いし快く引き受けてくださり大変感謝。今週予定の2例の手術を延期させてもらい大迷惑をおかけしました。
 
 手術は全身麻酔で腹腔鏡下虫垂摘出術。もちろん術中のことは麻酔で眠らされているから記憶になく、手術が終わってからは尿道カテーテルの不快感が手術部位の痛みに勝りすぐにだだ言って抜いてもらいました。今までどのくらいの数患者さんに入れたかわからない尿道カテーテル、自分は初めて入れましたがこんなに不快だったんですね。皆さん申し訳ない。その後は起きれない、瞬時に寝返りをとれないための腰痛との戦いで時間が経過しないことしないこと。当日を過ぎれば2日目から歩行もできその後は時間の経過とともにどんどん改善しました。
 先生、スタッフの皆さんは優しく、親切で当院もこうでなければと勉強させられました。
 
 そんなわけで医者が病気したらより患者さんの気持ちが理解できて痛みがわかって、私のこれからの医者としての人生に大きくプラスになりましたし、プラスにしないといけないと思いました。明日からは100%全力で復帰します。
 
 どうか患者さんの気持ちがよりわかる「かさぎ泌尿器科医院」をこれからもよろしくお願いします。
 


H22.1.1 明けましておめでとうございます。

 新年明けましておめでとうございます。
今年も変わらぬご厚情のほどよろしくお願いいたします。

昨年は皆様にとってどんな年でしたか?

 よく一年を漢字一文字で表現するとどのような漢字を思い浮かべるかとテレビや新聞で政治家や著名人に問うのを見ることがあります。皆様の一文字はいかがでしょう?
私の一文字は「初」です。
昨年は自身の健康や生活を省みてこれではいけないと思い夏以降仕事が終わってからほぼ毎日水泳を始めました。1日必ず500m泳ぐことを目標にして夜間透析日で夜11時近くまで医院にいる日はその帰りにでもスポーツ施設に行って泳いできました。継続は力なりで今では10分もあれば500mは泳げまた体重もピーク時より6kgほど落ちました。おそらく500mであったから可能で1kmでは無理だったと思います。身の丈にあった実現できる目標であったからこそできました。夢をのある目標も大事であり私も持っていますが目標は大きいもの、小さいものいくつあっても自分を高めてくれるから大事だと思います。
 健康面からさらに大腸カメラや循環器系精査を初めて行ってもらいました。医院にもスタッフが増え、何より患者さんが多く受診してくださるようになり私が病気で休むことが皆に影響すると自覚が出てきたからです。幸い健康体でありますのでこれからも今以上動けます。

 人との出会いもたくさんありました。なかなか昔からの友人や医療関係の仲間、先輩、後輩等のごく限られた人としか接することのなかった毎日でしたが、昨年は仕事とはまったく無縁の方との出会い、多くの影響や刺激を受け、勉強になり充実した年でした。

 振り返ると長い人生においていい年であった方もそうでない方もいるとは思います。あまりいい年でなかった方は新年を迎え気持ち的に切り替えられる、前向きに考えられる起点となる日、それが元旦であると思います。
私も当院を開業して今年の6月に5周年を迎えます。今年は昨年の一文字「初」の縁もあり初心に戻り、なんにでも一生懸命でありたいと考えています。

今年1年もよろしくお願いいたします。


 

 

診療科目
泌尿器科・腎臓内科・人工透析・皮膚科

診療時間
午前9:00〜12:30 午後14:00〜18:00
※人工透析は夜間11:00まで施行あり

 
午前
午後 - -

日曜日・祝日は休診日です。
※緊急の場合にはこの限りではありません。

Copyright(C) Kasagi urology clinicAll right reserved